記事一覧

【お気に入りベア紹介】ナンバーナイン BE@RBRICK と裏原ブームの思い出

こんにちは。
kcbearです。

えーっと。
【本日のベア】改め、
【お気に入りベア】
不定期にアップすることにしました。。。(´・_・`)
根性ナシでごめんなさい。

それでは、早速!
今日紹介するベアブリックはこちら。

NUMBER (N)INE BE@RBRICK
(2015年3月12日発売/100%サイズ)


写真 2016-05-20 8 21 04

2015年S/Sの新作として発売されたものです。


あれ!ZOZOタウンで値引きされているー(°_°)

NUMBER (N)INE_3
ZOZOタウンから画像お借りしました)


私にとって、
ナンバーナインといえば、
ドクロ、エンブレム、
穴あき加工(散弾加工)
のイメージ。

NUMBER (N)INE
(画像お借りしました)

「名作」といわれた過去の人気アイテムが
ここ数年で復刻されているんですね。

今日紹介しているベアブリックと同時に
ベアブリックの穴あきTシャツも発売されました♪

NUMBER (N)INE_2

ZOZOタウンから画像お借りしました)



☆☆☆


私の大学時代は、
空前の「裏原ブランド」ブーム。
原宿〜代官山に人気店が
ずらりと揃っていました。

サイラス(SILAS)、
GDC(ジーディーシー)、
X-girl (エックスガール)、
ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)、
デビロック(DEVILOCK)、
エイプのレディースライン「ベイピー(BAPY)」、
そして夫の好きな「シュプリーム(Supreme)」など。

他にもたくさんのブランドが
存在しましたよね。

どれも懐かしい。。。

Supremeは今でもすごい人気ですね。
(海外の方からの人気も相まって)

私も当時はこれらのお店へ
よく見に行ったものです。

ベイピーのこのバッグとか
入荷日調べて並んだなぁ。。。

ggc7024-r1.jpg
(画像お借りしました)


どのブランドも学生にとっては
結構なお値段なので、
ほぼ見るだけでした(。-_-。)

今もファッション大好きですが、
あの時ほどファッションに、
お金と情熱を注いだ時期は、
後にも先にもありません。
若かったなぁ。。。

☆☆☆


ベアブリック紹介というより、
私の思い出話となってしまい
申し訳ありません。

でも、こうやってベアが手元にある事で、
色々と思い出せるのも良いところ♪

ファッション系のベアは大好きで、
特にお気に入りをトイレの棚に並べているので、
トイレでしみじみしています。

fashion_bear.jpg


今日もブログを読んで頂き、
本当にありがとうございました。

**************

きっと私のブログを読んでくださる方のなかには、
「ベアブリック自体知らなかったよー」という方もいると思うので、
そんな方に少しでもベアの魅力が
お伝えできたらいいなぁと思ってます。

**************


私にとってベアブリックはインテリアの一部♪
応援ポチ頂けるとやる気が出ます\(^o^)/
↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


素敵なお家やアイデアがいっぱい!
すごく参考にしています〜
↓↓↓
トラコミュ みんなのWeb内覧会

トラコミュ 収納・片付け

トラコミュわが家の快適収納

トラコミュオシャレな部屋作り、便利な部屋づくり

トラコミュ 時短家事の工夫





関連記事

プロフィール

kcbear

Author:kcbear
インテリアと整理収納が大好き!
結婚10年目の30代後半女性です。
映画好きでコレクター気質の夫と
築7年、70㎡のマンションに2人暮らし。
夫婦の共通趣味が「ベアブリック」と、
「海外版映画ポスター」収集です。
インテリアにベアブリックを
上手く溶け込ませられるように奮闘中。
ファイヤーキング、だるま、
波佐見焼も集めています。
ファミリーセールもよく行きます♪

※当ブログに掲載されている画像等の
無断転載はご遠慮下さい。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブログランキングへ

「ポチッ」と応援してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: