記事一覧

完璧!波佐見焼「一真窯」の角皿が本当にイイ♪&ぶらり波佐見町の旅

おはようございます。
kcbearです。

今日も我が家の波佐見焼を紹介させてください(^-^)/

昨日紹介した「HASAMI」以外では、
一真窯」のスクエア皿を愛用しています。

このお皿が本当にすんごくイイ!!

カンナ削りによる“一真彫り”が美しいお皿で、
持ち上げてみると、とても軽い。
これぞ「職人さん」のカンナ手技による
薄さの証!との事。

しかも良心的な価格です。
窯元併設ギャラリー「とっとっと」では、
アウトレット価格(2〜3割引くらい)の
商品も販売されていました。

ギャラリーの方はとても良い方で、
お茶を頂きながらゆっくりと
商品の選ぶことが出来ましたよ〜。

我が家にあるのは、
「ピアノ彫」と「波彫」の
取皿(13.5×13.5cm)と豆皿(6×6cm)。

【ピアノ彫】

20160524_015.jpg

【波彫】

20160524_016.jpg

【豆皿】

20160524_017.jpg


本日もまた、
バックの布がシワッシワでごめんなさい!




他にも素敵なカンナ彫りのシリーズが。

【輪点彫】

20160524_001.jpg

『小鹿田(おんた)焼』や
『小石原焼』を思わせる
『飛びカンナ』の彫りが施されています。

輪点彫部分に染料を入れた
「色染絆」にもうっとり。

96716836_o1.jpg

4016-3-main_20160525064636d2b.jpg
yori.jpg



【市松彫】

20160524_003.jpg


ちなみにどれも写真より
実物の方がもっと素敵です!

こちらの素敵なブログでは、
一真窯の食器を使った
美味しそうな料理写真がいっぱい!
↓↓↓
「おいしい生活。」テーブルウェア・フェスティバル2015 一真窯の器を使ってその1


さらに、このスクエアプレートシリーズは、
私の持っているプレートより
ワンサイズ大きなお皿もあって、
その中に取皿が4枚、
取皿の中に豆皿が4枚、
それぞれ入れ子できれいに
スタッキング出来るよう計算されています。

isshin.jpg

20160524_014.jpg
(画像はこちらからお借りしました)



使い方、組み合わせを工夫すれば、
仕切り付きのプレートのような
スタイルでも使用ができます。

sara-d025-14.jpg
(画像はこちらからお借りしました)


さらにさらに、
他メーカーのお皿と組み合わせて使っても♪

isshin_image_1.jpg

isshin_image_2.jpg
(画層はお借りしました)

美しく、使い勝手が良く、収納面でも優秀!

もっといっぱい買ってくれば良かったな(´・_・`)

なぜかその時は食器を欲しい気持ちよりも、
「食器棚にもう入れる場所がないぞ!」って
収納スペースの方が気になってしまったんです。
。。。謎


一真窯さん、本当におすすめです!
オンラインショップもありました(^。^)
(ああ、この流れでポチッてしまう予感)

楽天にも取り扱いショップあり♪
↓↓↓






波佐見焼の情報がいっぱい!
↓↓↓
トラコミュ波佐見焼、大好き♪♪

トラコミュ波佐見焼



☆☆☆



ここ数年で人気急上昇した「波佐見焼」ですが、
その歴史は古く、400年以上。

隣市は「有田焼」で全国的に有名な佐賀県有田町。
波佐見町は古くから有田焼の下請けを請け負っており、
それが「波佐見焼」の名があまり知られなかった
一因でもあるようです。

九州在住時は住んでいた家から波佐見町までは、
高速を使えば車で1時間〜1時間半ほど。

波佐見陶器市&マルヒロガレージセール以外の時期に、
ふらりと二度ほどですが波佐見町を訪れました。
その日の思い出を紹介させてください。

☆☆☆
もう2年ほど前になるので手元に残っている写真が少ないのですが、
波佐見町の魅力を少しでもお伝え出来ればと思います。
☆☆☆


自然豊かな街並みに多くの窯元が点在し、
至るところに「陶器の街」の自負を感じられます。

20160524_005.jpg

20160524_004.jpg

20160524_008.jpg

近くのお堂の天井絵は各窯元の絵師さんが描かれたとのこと。
20160524_007.jpg


まずは中尾山交流館へ。
中尾山交流館は18の窯元の作品が一堂に集まり、
展示販売されているギャラリーです。
こちらでお気に入りを見つけてから、
窯元めぐりをするのがおすすめです♪

堀江陶器、光春窯、一真窯など窯元を見つつ、
ゆるゆるとお散歩。

基本的に窯元がお休みでなければ、
中を見せてもらえます。

併設されたお店でアウトレット商品が
販売されている窯元が多いのも嬉しいです。

堀江陶器さんでは、
mina perhonen(ミナ・ペルホネン)のコップやお皿、
Lisa Larson(リサラーソン)の箸置きなどの
商品も販売されていましたよ〜。

ただ、土日は閉まっている窯元も多いので、
行く前には確認の電話を
入れたほうが良いかと思います。

おしゃれな、カフェレストランも♪

有名な「モンネ・ルギ・ムック」。

002 (1)

003 (1)

004.jpg
こちらから画像お借りしました)

並ばずに済むように開店直後に入店。
こちらの食器はもちろん全て波佐見焼!

20160524_009.jpg

20160524_010.jpg
(写真右下にブレた指が。。。。ごめんなさい)

こちらの店長さんは東京都出身で、
波佐見町が気に入って移住したそうです。
高校は千葉県内だったとの事で、
千葉トークでも盛り上がりました(^-^)/


この「モンネ・ルギ・ムック」一帯が
波佐見おしゃれゾーンの中心地(と思います)
敷地内には南創庫、HANAわくすい等があり、
すぐ近くには松原工房も。

【南創庫】
こちらから画像お借りしました)
002.jpg

001.jpg

003.jpg


【HANAわくすい】
こちらから画像お借りしました)
001 (1)

003 (2)


その後「白山陶器」にも立ち寄り、帰路へ。

20160524_013.jpg

20160524_012.jpg


素敵な陶器に癒された一日を過ごしました☆


波佐見町は、
「もっと足を運べば良かったなぁ」と、
思い出す街のひとつです。


我が家は波佐見町巡りをする際に、
こちらのブログを参考にさせて頂きました。
読んでいるだけで波佐見町巡りを
しているような気持ちになれる、
素晴らしいブログです!
↓↓↓
濃紺ビッチャー「モダンなデザインで人気の波佐見焼。九州の窯元まで行ってきました」


波佐見焼の情報がいっぱい!
↓↓↓
トラコミュ波佐見焼、大好き♪♪

トラコミュ波佐見焼


「マンションインテリアブログ」
人気ランキングはこちら!
↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村


関連記事

プロフィール

kcbear

Author:kcbear
インテリアと整理収納が大好き!
結婚10年目の30代後半女性です。
映画好きでコレクター気質の夫と
築7年、70㎡のマンションに2人暮らし。
夫婦の共通趣味が「ベアブリック」と、
「海外版映画ポスター」収集です。
インテリアにベアブリックを
上手く溶け込ませられるように奮闘中。
ファイヤーキング、だるま、
波佐見焼も集めています。
ファミリーセールもよく行きます♪

※当ブログに掲載されている画像等の
無断転載はご遠慮下さい。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブログランキングへ

「ポチッ」と応援してもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
にほんブログ村 にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: